最高の人生の選び方|あなたの寿命があと1週間だったら

あなたの寿命があと1週間だったら、あなたはなにをしますか?

 

今、自分の選択肢に迷っていたり、優柔不断でなにも進まなかったりしていることはありませんか?

そこには、いろいろな柵やジレンマなどが複数存在しているでしょう。

しかし、あなたの人生があと1週間だったらその柵もジレンマも無意味になるでしょう。

今回は僕自身が体験したこと、考えたことをこっそりお話ししていければと思っています。

 

1.自分の人生があと1週間だったら

person holding calendar at January

よく、いろんな人に聞くんです。

「あなたの人生があと、半年だったら」とね。

そしたら、だれもが口をそろえて言います。

「旅行に行く」とか「大切な人と一緒にいる」とかね。

そのあとに「あなたの人生があと、1週間だったら」と聞きます。

そしたら、だれもが「・・・・。」

まあ、それはそうでしょう。

週を空けたら自分がこの世からいなくなっていることなんて

考えもしないでしょうしね。

1週間ってまじで短いですよ!?

旅行もいけないし、大切な人と一緒にいようとしても

相手が仕事だったり、予定が入ってたりしたらいれないですしね。

この状況になったら、あなたはどうしますか?

 

2.1週間を時間単位、分単位で数えてみよう

selective focus photo of brown and blue hourglass on stones

一週間は「168時間」、「10080分」です。

168時間って意外と長いなぁって感じると思いますが、

一瞬ですよ?

僕が人材育成コンサルタントのときは、よくタイムマネジメントをしました。

その中で、生活に使う平均時間を出すと下記のとおりです。

・食事、お風呂、トイレの合算=21時間(3時間/1日)

・ライスワーク※生活のために働く時間=40時間(8時間/1日)

・睡眠時間=49時間(7時間/1日)

上記のことだけで合計110時間です。

つまり、残り時間は58時間です。

自由に使える時間が58時間(2.4日)なのです。

これはあくまで、一般的なサラリーマンの例ですが、

普通に生活をしていると、1週間のうちに自由に使える時間が58時間(2.4日)しかないのです。

まあ、余命1週間と宣告されたら、仕事を辞める人がいると思いますので

ライスワークを自由時間にプラスしても98時間(4.08日)しか自由な時間がありません。

この4日のうちに、もしあなたが財産や資産をもっていたら、

遺言書を書かなくてはいけません。

あなたが奨学金を借りているのであれば、死亡したあとの奨学金の手続きも

行わなければいけません。

あなたがもし一人なのであれば、家だって片付けなくてはいけません。

つまり、自由な時間など、ほとんどないのです。

 

3.1分1秒でも待っちゃいけない

Selective Focus Photography Of Woman In Pink Shirt

さあ、どうでしょう?

もしあなたの寿命が1週間だったとしたら、

もう時間はほとんどありません。

 

今の生活は将来の時間があるからこそ、考える時間があり、

迷う時間があるのです。

 

しかし、「チャンスは貯金できません」

最高な人生の選び方とは、常に「1分1秒でも待たない」ことで実現します。

僕は常に1週間の寿命だったらと考えています。

変態かもしれませんね(笑)

 

でもそれによってチャンスがいくらでも生まれます。

 

JR埼京線の月曜日は毎週8:30~9:00の間で遅延を起こします。

僕がサラリーマンとして働いている会社は10時が就業時間なので

必ずその時間に埼京線を利用しなくてはいけません。

僕は毎日会社に30分前に着くことにしていますが

その時間だと必ず埼京線の人身事故に巻き込まれて、

到着がぎりぎりになりますし、

遅延していると周りのサラリーマンがイライラしているので

そのイライラにも巻き込まれます。

 

待ちながら、イライラに巻き込まれるのは人生損です!

なので月曜日は1時間30分早く家を出て、

朝のタスクを就業時間前にカフェで終わらせます。

 

もちろん人間関係でも1分1秒待ってはいけません。

約束時間に10分~30分遅れてくる人はあなたの時間を今後無駄にする人間です。

約束時間に30分~1時間遅れてくる人は交通の便が悪かったのでしょうから1回目は許しましょう。

 

4.人の悩みの大半は「人間関係」なのであれば・・・。

Man and Woman Sitting on a Bench

アドラーの心理学では「人の悩みの大半は人間関係」と述べております。

もちろんその通り!

しかし、他人は変えられないのは世の鉄則です。

口うるさいパワハラ上司、就職ができないニート彼氏、ギャンブルがやめられないバカ男、

浮気や二股をやめられない下半身人間、承認欲求を満たすために股を開くビッチ女、

他人を見下す若者たち、ゆとりを見下す40代などなど

世の中には嫌でも、こういった連中と関わらなければいけないことがありますね。

僕もたくさん見てきました。

息を吸っているだけで他人に迷惑をかける人たちね。

僕は「タイムキラー」と呼んでいます。

 

こういった部類の人たちに頭を悩ませていませんか?

 

考えてください。

あなたの人生があと1週間だとしたら、

この人たちに頭を使うキャパはもういらないでしょう!

 

そして、僕の専攻分野である「量子物理学」の観点で少しお話をすると

人にしたことは自分、もしくは自分の大切な人へ返ってくるという法則です。

 

これはまた、別記事でお話ししましょう。

 

つまり、あなたが頭を悩まさずとも、

この人たちは勝手に地獄に落ちます。(笑)

 

悩む時間があるのであれば、

もっと自分の人生にフォーカスしてみてはいかがでしょうか?

 

5.結局、最高の人生の選び方とは?

結局、最高の人生の選び方とは、「常に最短ルートを選ぶ」ということに他なりません。

人生、山あり谷ありです。

いいときもあれば悪いときもありますし、

悪いときのほうが長く続きます。

ので、最短ルートで悪いときを終わらせることで、

あなたの幸せに一歩でも早く近づけるのではないでしょうか?

 

自分が犯した過ちや失敗に怯えて前に進むよりも、

早めに罪の代償が降ってくればいいと思ってますし、

40代で失敗を味わうよりは、20代で失敗を味わった方がいいでしょう?

 

常に最短ルートを行うことで、

その先の景色が見えるのです。

 

最短ルートわからなかったら僕に聞いてください。

迷いや悩みの中で選択したことで掴めるものなんて、

自己満と後悔しかありませんからね。

 

だったら、思いのまま、気の向くまま、

最短ルートであれば、もし失敗してもすぐ戻って別の選択肢だって選べますからね!

 

 

さてさてさーて。

今回も読んでいただき、誠にありがとうございます。

更新さぼっていてすいませんでした。。。

以後しっかり更新していきまーす!!!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です